<スポンサードリンク>

ANA・JAL燃油サーチャージ2009年10月から再設定

全日本空輸(ANA)・日本航空(JAL)共に2009年7月から9月発券分の燃油サーチャージを無料にすると発表され喜んでいたのもつかの間、2009年10月から再び燃油サーチャージがかかることになりました。

燃油サーチャージの設定理由は「世界的な航空燃油価格の高騰」です。

  • 全日本空輸(ANA)は2009年10月1日から2010年1月31日購入分まで、ANAグループ航空会社の国際線区間において燃油特別付加運賃(=燃油サーチャージ)を再設定
  • 日本航空(JAL)は2009年10月1日から2010年3月31日発券分までJALグループの国際線運賃において燃油特別付加運賃(=燃油サーチャージ)を再設定

となっています。

2009年4月〜6月の燃油サーチャージより少々高めの設定となっているようです。

ANA JAL各社の燃油サーチャージは以下の通りです。

飛行機ANA 2009年10月1日から2010年1月31日購入分(日本で購入・旅客1区間片道当たり)

  • 日本=欧州・北米(ハワイ除く)・中東 北米(ハワイ除く)=アジア 7,000円
  • 日本=ハワイ・インド ハワイ=アジア 4,000円
  • 日本=タイ・シンガポール・マレーシア 3,000円
  • 日本=ベトナム・サイパン・グアム 2,000円
  • 日本=香港*2・台湾・中国 1,500円
  • 日本=韓国 300円

飛行機JAL 2009年10月1日から2010年3月31日発券分 (日本で購入・お一人さま1区間片道あたり)

  • 日本−韓国300円
  • 日本−中国・台湾・香港1,500円
  • 日本−グアム・フィリピン・ベトナム2,000円
  • 日本−タイ・シンガポール・マレーシア 3,000円
  • 日本−インドネシア・インド・ハワイ4,000円
  • 日本−北米・欧州・中東・オセアニア7.000円
  • 日本−ブラジル10,000円
  • バンクーバー−メキシコシティ500円
  • ニューヨーク−サンパウロ3,000円
  • アムステルダム-マドリード500円
  • 上記以外の欧州・オセアニア内(一部国内区間を含む)300円
  • 上記以外のハワイ・北米・アジア内・シンガポール−オーストラリア100円

詳しくは各社HPを確認してくださいね。

マイル獲得BOOK

<スポンサードリンク>
posted by Hero at 00:00 | 出張ANAマイル〜空マイル編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出張サラリーマン必見! ANAマイル獲得講座 コンテンツ一覧

TOP

ANAマイルを貯める裏技

ANAマイル

JALマイル

空港情報

ANAマイルで無料旅行体験談

出張おすすめスイーツ情報

出張おすすめホテル情報

【PR】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。